これだけ読めば大丈夫トナーについての基礎知識

コピー機や複合機などのプリンター機能を持つOA機器に広く採用されているのがトナーと呼ばれる粉状の塗料です。モノクロ印刷では黒いトナーを使用して印刷を行い、カラーの場合には赤、青、黄色の三色でフルカラー印刷を可能にする仕組みを持っています。このトナー方式を採用している印刷機器は、家庭用のプリンターによくあるインク方式のプリンターに比べて高速印刷が可能であるのに加え、大容量の商品が多いため経済性にも優れているのがトナーカートリッジの特徴です。ビジネス用としては非常日版的なポジションにあるのがこのトナーと呼ばれる塗料なのです。水分の無い粉状の塗料であるため、インクによる印刷の場合に見られる水分による用紙の変質などの問題を回避することもできるのです。

トナーの種類についての基礎知識

モノクロプリンターの場合には黒のトナーを利用します。大型のプリンターであれば大容量のトナーがありますので経済的です。同じくカラープリンターの場合には赤、青、黄色の3色に加えて黒の4色でフルカラー印刷を実現しています。トナーを使ったプリンターを運用する場合にはこの4種類で運用するのが一般的です。これらのトナーはプリンターを製造販売しているメーカーの製品を購入して利用するのが基本ですが、リサイクルトナーと呼ばれる格安品も存在しています。リサイクルトナーは非常に安価であるため魅力的な存在ですが、故障時のメーカーのサポートに影響することが知られていますので、実際に利用する場合にはしっかりとメリットとデメリットを把握して利用の是非を決める必要があります。

リサイクルトナーのメリットとデメリット

プリンターのメンテナンスなどが心配であればメーカー純正品を使用するのがお勧めできます。純正品を使用している限りメーカーサポートは手厚く行われますので安心できます。プリンターの購入時に契約することが出来る保守契約の履行のためには純正品のトナーを使用していることが条件とされるケースがほとんどであるため、この点についての理解は必須です。しかしながらリサイクルトナーの持つコストダウンの魅力も強力です。そのためリサイクル品を採用する場合には万が一の故障の際にどうするのかということをしっかりと考えておく必要があります。リサイクル品を使用して壊れた場合、プリンターの修理に保守契約は利用できませんし、修理代が高くついてしまうケースも少なくありませんので注意が必要です。