初めてプリンターを買ったあなたにトナーの特徴と使い方

プリンターにはいくつかの種類がありますが、印刷をするのに使用する塗料の違いで大きく2つに分けることができます。1つは液体であるリンクを使用して印刷する仕組みのプリンターであり、もう一つはトナーと呼ばれる粉状の塗料を使用するレーザープリンターと呼ばれるプリンターの2つです。どちらにもメリットとデメリットがありますので、実際にプリンターを必要としている人がそれぞれの特徴をしっかりと把握してどちらかを選択するというのが大切になります。現在では家庭用のプリンターにはインクカートリッジが利用されるケースが多くなっています。一方でビジネスの現場では大量の高速印刷を必要とするためトナーカートリッジを使用するケースが多くなっています。それぞれに特徴があるのです。

インクとトナーのメリットとデメリットについて

一般家庭向けのプリンターにインクカートリッジを使用するものが多いのは、本体価格を安く抑えることができると言う点が理由の1つとなっています。そのためプリンターを購入しやすいのが大きなメリットとなります。一方で消耗品であるインクは大量印刷には向かないと言うデメリットを持っています。一方、粉状のトナーは高速印刷に適したレーザープリンターの消耗品です。インクに比べて素早い印刷を可能とするのに加え、印刷する用紙に熱で圧着するため用紙に水分が付着せずにすみます。この点を大きなメリットと感じるケースが少なくありません。その一方、プリンター本体の価格は若干高価な金額になりやすいと言う性質があるため、企業向けに提供されるプリンターに多く存在している種類であるといえます。

トナーカートリッジの使い方について

初めてプリンターを購入した場合、消耗品がトナーカートリッジであれば交換はそれほど難しいことがありません。メーカーやモデルに限らずほとんどの場合がトナーカートリッジと呼ばれるトナーの入った入れ物をそのままプリンターに装着する形で対応することができます。非常に簡単な作業で消耗品の補充をすることができる点が特徴となっています。インクと違って乾燥しているものを利用するため、保管可能期間も長く安心して使うことができるという点が特徴となっています。プリンター本体に装着しているものの他に1つ予備を置いておけばトナー切れになってしまうと言う問題を回避することも容易です。このような特徴持っているプリンターを上手に運用することが誰にとっても簡単に行えるのがトナーカートリッジの特徴です。